車の買い替え時の保険について詳しく解説

自動車保険に加入していて、途中で車を買い替えた場合、既に加入していた保険がどうなるのかは気になるところです。

 

 

車を買い替えたとしても、これまでの保険が無駄になることはなく、契約オプションも等級も全て引き継ぐことができます。その際、加入している保険会社に届け出が必要になりますが、車種やナンバー、登録年月などの情報を電話で伝えるだけで済みますので、これといった書類を送る必要もありません。

 

留意点としては、買い替えた時、中古で登録年月が古い場合は車両保険の金額がこれまでよりも低くなることがあります。その一方で、新車に買い替えた場合には、その分金額が高くなる場合もあります。実際に支払う金額については、新車割引などが付いている会社もありますから、契約内容を確認しておくことが大切です。

 

他にも、保険を引き継ぐ時には、走行距離の数値も知らせる必要がありますから、買い替える前にメーター数をメモに控えておくことも大事です。このように、自動車を買い替えた場合でも、これまで入っていた保険をそのまま引き継ぐことができますので、どうなるのか心配することはありません。

 

場合によっては、買い替えて引継ぎの手続きをした際に、不足分の料金を支払わなければならないこともありますが、それについては銀行や郵便局、コンビニなどで支払える払込票を送ってくる会社がほとんどですから、こちらからは面倒な書類を用意する必要はありません。

 

保険の契約内容はそのままで継続できますので、わざわざ新たに契約し直す必要がありませんから、買い替えた時にどうなるか心配している方は安心して良いですが、再度契約内容や約款を確認しておくことをおすすめします。

車の買い替えにともなう車両入替とその方法

車を買い替えたり知り合いに譲渡してもらった場合忘れずに車両入替の手続きをしないと自動車保険は使えません。これは自動車保険で補償されるのは保険会社に登録されている車のみであるからです。

 

そのためまだ契約期間中であっても新たに購入したものについては保険会社の補償対象外となり仮に運転していて事故に遭ってしまった場合は自分で被害を弁償しなければならないので注意しておかなければなりません。

 

ちなみに車両入替とは自動車保険の対象車を変更する手続きのことをいい、契約書に記載されている登録を変更する手続きを行います。

 

車両入替の手続き方法は保険会社あるいは代理店に連絡し車両入替に必要な書類を取り寄せることから始まります。その際には変更内容を記載するために車検証が必要となりますのでまだ手元にない場合は売買取引の際にあらかじめコピーさせてもらうなどしておき準備しておくようにしましょう。

 

あとは取り寄せた書類に車両入替のための新たな情報を記入して送り返せばよいのですが、その際に以前に加入していた保険料との間で差額が発生しますのでこの差額分を清算することで車両入替の手続きは完了します。

 

最近では保険会社への手続きはインターネットからでも可能なところも多くなっていますので確認してみるとよいでしょう。

 

ここで注意しておきたいのが新たな車検証を手に入れた時点ですみやかに車両入替の手続きを行うようにしておかないと万が一引き取りなどで新しい車を運転中に事故に遭ってしまった場合は補償の対象外となってしまいます。

 

そのため安全安心に運転するためにも車両入替の手続きは引き取りなどの前にあらかじめ終わらせておくことが大切になります。


車の買い替えによる車両入替において守るべき条件

車の買い替えをすると自動車保険は以前所有していたままとなっていて、自動的に切り替わるということはありません。自分が購入したことは分かっていても、損保会社にはどうなっているのか把握していることはないため、必ず車両入替という手続きを行わなければ保険が切り替わることはないのです。

 

車両入替をする際はいつでも簡単にできるというものではなく、いくつかの条件に従って手続きを進めていくことになります。まず重要なことは、買い替えても2つをそのまま所有していては意味がないため、前に乗っていた車を手放した状態でないと認められません。

 

保険は基本的に1台につき1つと決まっているため、わずかな期間だとしても2台を所有した状態ではセカンドカーと見られてしまいます。そのため、購入したものが入庫する前に家族に譲渡するか、廃車手続きを行って所持していない状態にする必要があります。

 

家族に譲渡するという話ですが、友人などの住所が異なる所有者になると車両入替の手続きができなくなります。少し面倒な条件となりますが、買い替える前と買い替えた後で所有者が同一か、または配偶者や同居する親類でないと認められないため、別居中の子供に譲るといった方法は使えなくなります。このパターンは滅多にないですが、十分に注意しておきたいところです。

 

また、車両入替は自家用車であることが条件となるため、会社などで保有する場合には適用されません。これも滅多にある問題ではありませんが、自営業の家では時に起こり得ることなので気をつけておくべきでしょう。

 

車両入替のタイミングは車検証を手にした時となるので、新しく購入した車を取得した日となります。その点を踏まえて納車前に手続きを済ませておくと、後に面倒がなくて済みます。


見落とし禁物!納車日から保険を適応させる方法

自動車保険加入中に車の買い替えをする場合には、「車両入替」の手続きが必要となります。

 

車両入替とは

保険契約車両の変更手続きです。

保険証券に記載されている車両のみが補償対象となっていますので、この変更を行わないと新しい車両は補償対象外となってしまいます。

 

まずは保険契約中の車両入替が可能となる一定の条件を確認しましょう。
  • 乗り換え前と所有者が同じである
  • 契約保険の被保険者もしくは配偶者、または同居親族である

 

買い替え後の所有者が上記のいずれがに当てはまる場合は、車両入替が可能となります。それ以外の場合では、新たに保険に入りなおす必要が出てきます。

 

 

補償の切り替わる時期は、車両変更手続きのタイミングにより変わります。

車両入替の基本的なタイミングは、納車前の完了がベストです。納車日よりも前に手続きが完了となると、新しいほうの納車と同時に補償も切り替わることとなりますので、万が一事故に遭遇した場合でも補償の対象となります。

 

 

納車日よりも後に車両入替の手続きをした場合

その間は補償対象外となります。但し、もし変更手続きを忘れてしまい新しいほうで事故に遭遇した場合、納車日の翌日より30日以内に手続きを完了させることにより、旧車での補償内容の範囲で補償されます。
また、特約などの補償がそのまま適用されないこともある場合がありますので、良く注意して内容確認をしましょう。

 

 

また、任意保険には新車割引という制度があり、その適用期間は初年度登録より25ヵ月間となっています。

この割引率の高い制度を有効活用する場合は、車両入替ではなく、他社切り替え新規加入の選択をすることになります。
そのままで等級が増えていく期間と、高い割引率を比較してみて、どちらにするかを決めましょう。

 

 

 


実は新車への買い替えは保険見直しの大チャンス

車は持っていれば、行きたいところにいつでも移動でき、とても便利な物ですが、維持費が嵩むのが辛い点です。ガソリンやオイルの燃費だけなら問題はないのですが、駐車場の確保や車検代に税金、そして保険です。

 

自動車保険料は、車の維持費に占める割合は大きいものです。保険にはさまざまな割引制度があり、年齢制限、運転者の限定、等級、使用目的、免許証の色などによって、金額が変わってきます。

 

中でも、新車割引という割引は、とてもお得になります。この新車割引があるということを知らない人は少なくありません。新車割引を上手く活用することが、自動車保険料を損しないためのポイントであるということ知っておきましょう。

 

新車割引

新車割引は、保険の適用日の月が、新車の初度登録から25ヶ月以内の場合に適応されます。新車に買い替えて2年と1ヶ月の間に契約を行えば、適応されます。今まで加入していた自動車保険で車両入れ替えをする場合は、2年間分は新車割引が適応されることになります。

 

これを新たに見直せば、3年間の割引が適用されることになります。2年間にプラスされている1ヶ月が、見直しすることによって、さらに1年分の新車割引を適応させることができます。新車割引の割引率は、1等級上がった際の割引率よりも大きいため、かなりお得になります。

 

1ヶ月を使うためには、新車に買い換えて車が登録された月、またはその翌月中に他社に新規で切り替えるようにします。この場合でも、他社切り替え新規という扱いになりますので、等級の引継ぎもできますし、すでに払い込んでいる保険料も日割りで返金されるので、損をする心配はありません。

 

新車買い替え時は、保険見直しの絶好のタイミングです。